このエントリーをはてなブックマークに追加

伝える方法

意思を伝える方法は、様々あります。
手紙を使ったり、口頭でそのまま伝えたりです。
近距離で言葉を伝える場合には、そのまま、相手に話せば伝えることができますが、遠くにいる人に意思を伝えるには、手紙や電話を使う必要があります。
手紙は、相手に意思を伝えるのに最適な手段ではあります。
それは、紙に書く前に言葉を何度も吟味して選択することができるからです。
しかし、口頭で意思を伝える場合には注意が必要です。
口頭で伝える場合には、その時の感情のままに言葉に出てしまうことがあったり、本当は言いたくないことでも言ってしまったりするミスをおかすことがあるという危険性があります。
しかし、迅速性においては、口頭で話す以上に早い意思伝達手段はありません。
迅速かつ遠隔地にいる人に対して、意思を伝える手段としては、電話を使うということが一番有効です。
それというのも、電話は特定の意思を伝えたい相手だけとコミュニケーションをとることができますし、距離に関係なく、すぐに連絡をとり、意思を伝えることができるということです。
電話が迅速な意思疎通を図る手段として有効であることは、承知のとおりでありますが、一方で、使用する度に使用料金がかかるということがあります。
使用料金については、様々な媒体で異なってきますが、中でもスカイプなどのインターネットを利用した回線をしようすることにより、料金を気にせずに使用することが可能であるということが言えます。
料金を気にせずにとはつまり、電話料金が無料であるということです。
今や携帯電話などにおいても、特定の相手方に対しては無料であったり、誰に対しても定額、それ以上は無料であるというプランも出てきているところもあります。
そうした意味では、意思を伝える手段としては、手軽であって使用する人を選ばない方法になりつつあるということが言えます。
今や遠隔地との交信をする際に、一番手軽であり、迅速性もある手段の一つとして電話があるということが言えます。
Copyright (C)2014携帯電話派?固定電話派?今どきの電話事情.All rights reserved.